歩く

歩く

昭和51年に「重要伝統的建造物群保存地区」に選定された町並みは、
以降、自然や街道とともに、山深い木曽谷の中の集落として宿場景観を保存されています。

  • 馬籠上陣場

高台より恵那山を望む(雄大な景色が一望できます)

 

・馬籠峠部落

峠へわずかなところに素朴な峠部があります。

 

・馬籠峠

標高790メートル。岐阜と長野の県境です。

 

・一石栃立場茶屋

一服できる無料休憩所。お立ち寄りください。

 

・男滝・女滝

吉川英治の小説「宮本武蔵」の舞台となり、武蔵とお通の情念の恋の場として登場する男滝(おだき)と女滝(めだき)。滝壺に金の鶏が舞い込み、そこから時を告げる鶏の声がしたという「倉科様伝説」が伝わっています。

 

・石畳

道中、数カ所かつての石畳が残っています。

 

・大妻籠

妻籠の奥にある集落。奥妻籠が転じて大妻籠となりました。大妻籠の丘の上には県宝「藤原家住宅」があります。

 

・神明部落

大妻籠と妻籠の間の丘の上にある旧中山道沿いの集落。

ツアー団体
通行規制

Translate »